プログラマーの年代別需要

プログラマーというと、専門職となりますから、「転職はしやすいだろう」と思っている方も多いと思います。確かに、ある程度の経験や高いスキルがある方であれば、転職は有利と言えるでしょう。しかし、プログラマーであっても年齢によっては採用が左右されることもあります。

では、プログラマーの年代別需要についてご紹介しましょう。まず、プログラマーの需要として高い年代としては、20代後半から30代前半の方が目立つようです。こういった年齢の方は、初心者の方が少なく、ある程度の経験を積んできている方となりますから、企業側としては魅力的な人材といえるでしょう。そのため、20代後半から30代前半の方であれば、転職なども行いやすい年代といえます。40代になると、企業としてはベテランとして判断することになりますから、チームのリーダーとしての採用を考えているところがほとんどです。40代ともなれば、やはり高いスキルが求められることになるでしょう。「未経験者は、どうなんだろう?」と思われる方も多いと思いますが、20代前半の方であれば未経験ということが不利になることは少ないでしょう。この年代であれば、「これから育てよう」と考える企業も多いですからね。しかし、30代を過ぎた未経験者となると採用はグンと難しくなってきます。30代を過ぎている場合には、かなりのスキルを身に付けてからチャレンジしていくことが必要となるでしょう。

このように、プログラマーの求人では年代によっても需要が変わってきます。経験、未経験によっても求められる需要層が変わってきますから、これらも考えた上で冷静に動くことが必要となります。30代を過ぎた未経験者の方は、経験がないことが不利となりますから、その分知識を身に付けてぜひチャレンジしてもらいたいと思います。そして、豊富な経験を積んだプログラマーはキャリアを伸ばすだけでなく、将来的に独立としての夢も開かれることを意識してみてはいかがでしょうか?IT業界には、未経験からリーダー、そしてフリーランスへの階段を着実に登ったひとが大勢いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です