プログラマーの言語別需要

プログラマーとして活躍している方はそれぞれ業種が異なると思います。同じようにプログラマーとして仕事をしていても、どういった業種で仕事をしているかによって仕事内容も異なれば、求められる言語スキルなども変わってくるでしょう。そのため、プログラマーの方が転職を考えた際には、「どのような言語スキルに需要があるのだろう?」と疑問に思われる方も多いと思います。

では、プログラマーの言語スキル別需要についてご紹介しましょう。まず、プログラマーとして用いられる言語としては、javaや汎用的な言語スキルを求められるところが多くなります。企業では、様々なクライアントからの仕事を請けることになりますが、その際こういった言語を用いた案件が圧倒的に多い傾向にあります。また、最近ではPHPやPerl、scala、Rudy、といったWEB系の言語などを必要としているところも増えてきています。スマートフォンが普及してきたことで、object-cなどのスキルを求めているところも増えてきています。「じゃあ、実際はどういった言語スキルを身に付けておいた方が良いのだろう?」と思っている方は、どういった業種で仕事をしたいのか、どういった仕事に携わりたいのかによっても身に付けておきたい言語スキルが変わってくるため自分が進みたい道を探してから必要な言語を習得することをおすすめします。

このように、プログラマーの方にとって言語スキルというのは必要不可欠となっていますが、転職をする際や転身をする際には、業界が異なれば求められる言語スキルが変わってくることを頭に入れておいてくださいね。

需要高いプログラマーの年収

「IT専門職の中でも、プログラマーの仕事は需要も高いし収入設定も高い」と思っている方が多いと思います。IT業界では、様々な専門職の方が活躍していますがどういった専門職をしているかによっても収入には大きく差がでてくるものです。「需要が高いということは、それだけ収入も高いのでは?」と思われる方も多いでしょう。しかし、需要イコール収入が高額というわけではないようです。あくまで業種や仕事の規模などによって変動するということです。

では、需要性が高いと言われているプログラマーの方の収入についてご紹介しましょう。プログラマーとして活躍している方は、男性もいれば女性もいますが、男性の場合には平均年収450万円程度となっており、女性は380万円程度となっています。企業によっては残業が多いところもありますが、180時間から200時間くらい働いている方であれば、年収が400万円以上となっている方が多くなるでしょう。残業、月160時間未満の場合には年収400万円を下っている方が多くなります。また、雇用形態によっても年収差が出てきます。正社員や派遣社員として勤務している方であれば、平均年収450万円程度となっていますが、フリーランスや個人事業主として仕事をしている方の場合には、年収500万円台の方が多くなります。当然ですが、年収は年齢も影響してきます、40代や50代の方の中には、責任ある立場となることで、年収700万円から1,000万円程度にアップしている方もいますので、どういった形で仕事をするかによっても収入アップに差が出てくるでしょう。

このように、IT業界の中でも需要性の高いプログラマーの仕事は収入設定も高めとなっています。「将来は、このくらいの年収を得たい」と考えている方は、その年収を叶えるためにはどういった道へ進めば良いのかを考えていくことでその希望を実現することに近づくでしょう。

プログラマーの年代別需要

プログラマーというと、専門職となりますから、「転職はしやすいだろう」と思っている方も多いと思います。確かに、ある程度の経験や高いスキルがある方であれば、転職は有利と言えるでしょう。しかし、プログラマーであっても年齢によっては採用が左右されることもあります。

では、プログラマーの年代別需要についてご紹介しましょう。まず、プログラマーの需要として高い年代としては、20代後半から30代前半の方が目立つようです。こういった年齢の方は、初心者の方が少なく、ある程度の経験を積んできている方となりますから、企業側としては魅力的な人材といえるでしょう。そのため、20代後半から30代前半の方であれば、転職なども行いやすい年代といえます。40代になると、企業としてはベテランとして判断することになりますから、チームのリーダーとしての採用を考えているところがほとんどです。40代ともなれば、やはり高いスキルが求められることになるでしょう。「未経験者は、どうなんだろう?」と思われる方も多いと思いますが、20代前半の方であれば未経験ということが不利になることは少ないでしょう。この年代であれば、「これから育てよう」と考える企業も多いですからね。しかし、30代を過ぎた未経験者となると採用はグンと難しくなってきます。30代を過ぎている場合には、かなりのスキルを身に付けてからチャレンジしていくことが必要となるでしょう。

このように、プログラマーの求人では年代によっても需要が変わってきます。経験、未経験によっても求められる需要層が変わってきますから、これらも考えた上で冷静に動くことが必要となります。30代を過ぎた未経験者の方は、経験がないことが不利となりますから、その分知識を身に付けてぜひチャレンジしてもらいたいと思います。そして、豊富な経験を積んだプログラマーはキャリアを伸ばすだけでなく、将来的に独立としての夢も開かれることを意識してみてはいかがでしょうか?IT業界には、未経験からリーダー、そしてフリーランスへの階段を着実に登ったひとが大勢いますよ!

プログラマー需要の高い業種

IT業界では、様々な専門職の方が活躍していますがその中にはプログラマーという職種もありますよね。既に、プログラマーとして活躍している方もいれば、「これから、プログラマーになろう」と考え勉強をしている方もいると思います。こういった方の中には、「プログラマーの需要は今どうなっているのだろう?」「どういった業種で需要があるのだろう?」と感じている方もいると思います。

では、プログラマーの需要の高い業種についてご紹介しましょう。プログラマーという職種は、「IT系の企業だけで求められているのだろう」と思っている方も多いと思いますが、意外にも一箇所に集中しておらず様々な業種で需要があるんですよ。どういった業種での需要が高いかというと、IT系の企業はもちろん、ゲーム業界や自動車業界、家電業界などでも需要が高くなってきています。多くの求人では経験者を求めていますが、IT業界ではどんどん新しい技術が入ってくるため、未経験者の方でも新しい知識をどんどん得たいと考えているやる気ある人材であれば、積極的に採用しているところもあります。それだけ、IT業界では新たな技術が生まれる世界であるため意欲がなければ活躍していくことは難しいということなのです。所属する業種によって求められるスキルも変わってくることになりますから、どういった業種の仕事に興味があるのかを改めて判断していくことも必要となるでしょう。

このように、プログラマーという職種は様々な業種から求められている人材となります。IT系の企業だけではなく、活躍の場は広いため就職や転職を考えている方は、自分自身がどんな業界に興味があるのかを考えてみると良いかもしれませんね。

プログラマーのスキル需要

プログラマーを目指し勉強をしている方もいれば、既にプログラマーとして活躍し転職を考えている方もいると思います。こういった方の多くは、「現在、プログラマーの需要はどうなんだろう?」と不安を感じていると思います。どんな職種であれ、やはり自分が目指している職業の需要というのは気になるものですよね。

では、プログラマーがもつスキルはどれが需要があるのかご紹介しましょう。プログラマーの求人というのは、あまり数の浮き沈みがないのが特徴です。他の職種と比べると需要は一定と言えるでしょう。現在では、IT技術はどんどん進歩してきていますから、新たなシステムへの更新を考えている企業も多いため、プログラマーの需要は絶えることがありません。企業でどういったスキルが求められているかというと、やはりプログラミングスキルが高い人材や実務経験が多い人材を求めています。というと、「未経験者は難しいのだろうか?」と思われる方が多いと思いますが、新しい技術をどんどん取り込んでいく必要があるため、未経験者であっても、第二新卒者であっても、採用に力を入れている企業が多く、採用を掴み取る可能性は高いでしょう。もちろん、「プログラマーになりたい」という未経験者の方は、ある程度の知識は身に付けてから挑戦していくことが基本となります。

プログラマーを目指している方は、プログラミングスキルは必要不可欠となっていますが、経験が少なくてもやる気があれば採用を勝ち取ることは出来ます。諦めずに、取り組んでいくことが重要となるでしょう。「プログラマーになりたい」と考えている方は、スクールや独学などで最低限の知識を身に付けた上でチャレンジしていきましょう。