プログラマーの言語別需要

プログラマーとして活躍している方はそれぞれ業種が異なると思います。同じようにプログラマーとして仕事をしていても、どういった業種で仕事をしているかによって仕事内容も異なれば、求められる言語スキルなども変わってくるでしょう。そのため、プログラマーの方が転職を考えた際には、「どのような言語スキルに需要があるのだろう?」と疑問に思われる方も多いと思います。

では、プログラマーの言語スキル別需要についてご紹介しましょう。まず、プログラマーとして用いられる言語としては、javaや汎用的な言語スキルを求められるところが多くなります。企業では、様々なクライアントからの仕事を請けることになりますが、その際こういった言語を用いた案件が圧倒的に多い傾向にあります。また、最近ではPHPやPerl、scala、Rudy、といったWEB系の言語などを必要としているところも増えてきています。スマートフォンが普及してきたことで、object-cなどのスキルを求めているところも増えてきています。「じゃあ、実際はどういった言語スキルを身に付けておいた方が良いのだろう?」と思っている方は、どういった業種で仕事をしたいのか、どういった仕事に携わりたいのかによっても身に付けておきたい言語スキルが変わってくるため自分が進みたい道を探してから必要な言語を習得することをおすすめします。

このように、プログラマーの方にとって言語スキルというのは必要不可欠となっていますが、転職をする際や転身をする際には、業界が異なれば求められる言語スキルが変わってくることを頭に入れておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です